爪を傷めない爪切りの使い方

MENU

爪きりの使い方あなたは正しく使っていますか?

爪を傷めない爪切りの使い方

素敵なジェルネイルをするためにも、その土台になる爪の状態はとても重要なものになります。
爪は折れたり、欠けたり、割れたりすると、その部分から雑菌が入って水虫などにもなってしまう可能性がでてきます。
だからこそ爪切りを適当にしてしまうということはリスクが高いんですよね。

 

爪のケアは多くのネイルファンの方がやられているのですが、ケア方法は様々。
このページでは爪のケアの一つ、爪切りを詳しく見ていこうと思います。

 

なにげなくみなさんがやっている爪切りの方法、実は自ら爪を痛めている可能性があるのをしっていましたか?

爪を傷めない爪切りの使い方

ジェルネイルの登場で、セルフネイルにはまる方が続出しています。
爪の状態は、個人差が大きくあり、できるだけ爪の状態をよくしたほうが、ジェルを塗りやすいし、出来上がったネイルも素敵に見えます。

 

中にはなるべく爪切りは使わないでくださいという方もおられるのですが、使い方を間違えなければ大きなダメージを与えることはありません。
ネイルケアとしても欠かせない爪切りの方法をもう一度確認していきましょうね。

 

正しい爪の切り方をしないとケガの元?

正しい爪の切り方は、毎日の生活の中でも結構大切なことなんです。
例えば正しい爪の切り方をしていないことで、爪に割れやヒビ、ささくれなどが発生していると
その端に引っかかって衣類の繊維に引っかかったときに生爪を剥いでしまうと言うような怪我も起こります。

 

それに、もちろんですが正しい爪の切り方をしていた方が
爪の状態がきれいに保たれるので、ネイルをした時にも仕上がりがきれいになりますね。
では早速正しい爪の切り方を一緒に見ていきましょう。

爪切りの使い方に行く前に・・・

多くの方が使っている爪切りは、使い方を間違えると爪の割れにつながったり、雑菌が入る原因となってしまいます。
なので、このページの冒頭の写真でご覧いただいた一般的な爪きりはおすすめできません。

 

爪の端っこから切った爪が全部つながるような切り方ができる『ネイルニッパー』と呼ばれる爪切りが使いやすくて便利ですよ♪

ネイルニッパーとネイルファイル

このヒビというのは目に見えないレベルのものもあるので注意が必要になるんですね!

 

前置きが長くなってしまいましたが、正しい爪の切り方を見て行きましょう。

正しい爪の切り方

まずは爪をお湯でふやかしてください。入浴後などがおすすめです。

爪というのは、乾燥している状態が一番ダメージを受けやすいので、
爪自体が水分を含んで、しかもやわらかくなっている状態で爪切りを使うのが理想になります。

 

爪の端のほうから順番に切っていく

爪の形によっても少し違ってきますが、基本的には端から切って行きます。
中央部分は最後に切るように、一つの指で約6回くらいに分けて切るようにしましょう。
この端っこから少しずつ切って行くのがやりやすいのがネイルニッパータイプの爪切りなんですよ。

 

最後にやすりでサンディングする

爪を傷めない爪切りの使い方

仕上げとして切った爪というのは角があるのでなにかに引っかかりやすい状態になっているので、角を丸めるイメージでサンディングしていきます。
なめらかな状態になるまで仕上げていきましょう。

 

補足として長年同じ爪切りを使っている場合、爪切り自体に雑菌がたまる可能性があるので
定期的に清潔にするのと、刃の切れ味が鈍っている場合買い替えも検討しましょう。

 

ネイリストさんは爪切りどうしているの?

ネイルのプロであるネイリストさんは爪切りを使わない方が多くおられます。

 

そこでプロのネイリストさんがしている爪の切り方は、エメリーボードと呼ばれる専用の爪やすりを使います。
爪切りは先ほどもいったように爪にダメージを与える可能性が高いし、目に見えない小さな割れを作ってしまうんですね。

 

そうすると雑菌などが侵入してグリーンネイルなどの病気になることもあるんです。
普段ジェルネイルをしている方は、爪を密閉しているので、目に見えないところから雑菌が入っていしまうと発見も遅れてしまいます。

 

素敵なジェルネイルを送ってほしいので、爪を切る際にも少し注意をしていってもらいたいものです。