初心者のネイルキットを正しい手順で

MENU

手順から見る初心者のためのネイルキット

初めてジェルネイルキットを注文して、手元に届くと嬉しくて、
『なんでも良いから早くやってみたい!』と思う気持ちはすごく良く分かります。

 

ですが、ジェルネイルのネイルキットを購入したら、まずは正しい手順を守って使ってみる事がお勧めです。

 

というのも、昔の管理人のわたしがそれで大失敗しているからです。泣

 

特に自分でのセルフネイルをしたことがない方は、ジェルネイルってどうやってやるのか自体は知っていても、
体験するということが未経験だからやってみないとわからない部分が多いと感じることもあると思います。

 

このページではネイル初心者さんがネイルキットでジェルネイルを楽しむためにも、まずどんな手順でネイルをやればいいのかを
先にみていけるコンテンツにしてみました。

 

初心者の場合、少しでも早く、希望の色やデザインに仕上げたいと、途中の工程はなくても良いのではないかと考えてしまう事が少なくありません。

 

特に、現在、多く売られている初心者向けのネイルキットは、ネイルを塗って固める段階で使う物がメインとなっています。

 

その為、ネイルキットだけを見たら、甘皮処理等、最初のネイルケアの必要がないように感じてしまう事があります。
ですが、ジェルネイルを行う場合も、甘皮処理や、爪を磨くといった処理は大切になってきます。

 

具体的には、前述の通り『まずはネイルケアから』が基本です。

  1. キューティクルリムーバーでちゃんと甘皮を柔らかくして
  2. 甘皮を押し上げるプッシャーで爪の根元に向けて押し上げる
  3. 押し上げて余った甘皮をキューティクルニッパーでカットする

という手順で、ジェルが甘皮の上に乗らないようにしましょう。

 

実は、これがとっても大切で、“ネイルのもちが良くなる”だけではなくて
浮き上がりを防止することで『爪カビ=グリーンネイル』を予防することにつながります。

 

また、ベースをせずにいきなりカラージェルを塗ってしまう方もおられるんですが、ベースを塗ってからカラージェルを塗るのと比べると
もちの良さが全く変わってくるんですね。

 

ジェルネイルの持ちの良さっていうのは、特徴の一つなのに、自分でその特徴を消してしまう様なことをしてしまうのはもったいないんですよね。
さらにカラージェルを直接爪に塗ると、少しずつ色素が沈着する可能性も高くなります。

 

安い海外製のジェルならその危険性はさらに高まるので注意が必要なんですよ!

 

これらのネイルケアをするかしないかで、ジェルネイルを良い状態で維持できるかどうかが変わってきます。
ですから、最初はまず、正しい手順でネイルをしていく事を意識する事が大切です。

 

最初に間違えた使い方を覚えてしまうよりも、面倒でも、最初から基本を身につける事を意識しておく方が、今後、よりしっかりとジェルネイルを楽しめる事になります。
ネイルキットを手にすると、少しでも早く、爪に色を塗りたいと考える人は少なくありません。

 

ですが、ネイルケアから行う正しい手順を意識しておく事が大切です。