ネイルキット 初心者 オフ

MENU

ネイルをオフしやすいネイルキット

ここ数年で爆発的な人気となっているジェルネイル。

ネイルキット,初心者,オフ

美しい光沢が数週間は維持できるという特徴が、幅広い年代の女性たちに支持されています。

 

最近はセルフネイルキットも販売されており、色々と揃えて自分で仕上げて楽しんでいる女性もたくさんいるんですよ♪

 

近年ではインターネット通販ショップでも、ネイルアイテムを取り扱っているお店が続々と増え、
プロ仕様から手軽な金額で買える初心者でも使いやすいネイルキットまで、様々なものが簡単に手に入るので、
高いお金を払ってサロンで行うよりも、趣味を兼ねて自分で仕上げてしまおうと挑戦される初心者も多いようです。

 

このように自分でネイルをやる方を『セルフネイラー』とか『セルフネイルをする』などとも言いますね。

 

しかしまずはジェルネイル初心者は、オフの工程をしっかりとマスターすることをお勧めします。

 

ネイルを塗るということは、きっと想像できると思いますが、塗ったネイルを取る時のことを知らないまま
ジェルネイルをセルフでやろうとしてネイルキットを購入してしまうと、大変な思いをしてしまいかねませんよね。
ジェルネイルをした爪も伸びてくれば、爪の根元の皮膚とジェルとの間が離れて来てすき間が出てきます。

 

そうなると、よほど気に入ったデザインの場合は『フィルイン』という方法で
リカバーすることもできますけど、いつかは外さないといけません。
なので、まずは『ジェルネイルのオフの仕方』を学んで行きましょう。

ジェルネイルのオフの仕方

ジェルネイルのオフの方法は実際ににはYouTubeなどで動画でも見ておくことでイメージしやすくなります。
やり方を見る前に用意するものがあるので、まずはそちらから。

ジェルネイルオフのために用意するもの

  • エメリーボードやファイル(板ヤスリ)
  • 爪の大きさ大体同じくらいの大きさに切り出したコットン×10枚
  • 10cm角ほどで切り出したアルミホイル×10枚
  • ジェルネイルリムーバー
  • オレンジウッドスティック
  • 指先を保湿するケアオイルやクリーム

これらを用意したら実際の手順に移ります。

  1. ジェルの表面を削ってツヤをなくす
  2. ジェルネイルリムーバーをコットンに染み込ませる
  3. ツヤがなくなったネイルに置いてアルミホイルで巻く
  4. そのまま10分ほど放置
  5. 放置時間が完了したらアルミホイルを外してコットンも取る
  6. ポロポロはがれる状態になっていたらオレンジウッドスティックで剥がす

リムーバーが正しく染み込んでいたらジェルがポロポロと剥がれる“もろい状態”になります。
もし、“リムーバーの染み込み”が足りていない場合は“生のジェルネイルが爪に密着したままになっています

 

ジェルネイルをオフする際は特殊な溶液を使わないと剥がれないようになっているので、
爪を傷つけずに綺麗にオフできるように練習しておきましょう。

 

オフ専用のネイルキットもあるので、こういったものがあれば、サロンで施術を行ってもらった後でも、
取り外したくなれば、わざわざ高いオフ代を支払って施術を受けなくても良いので便利です。
キットには専用の溶剤のほか爪のサイズにカットされたコットンや指を包むホイルなどすべてセットになっているので、すぐに使えるようになっています。

時間がない方へおすすめのオフの方法

ジェルネイルをオフする際に注意するのは、無理やりに力を入れてとろうとすると
爪へ負担を与えてダメージになることはさけなくてはなりません。

 

爪にダメージを与えてそれが蓄積していくとLEDライトでジェルを照射していると
爪が熱を感じるようになってくるんです。

 

これは爪の薄さや爪の目に見えない傷にLEDの光が反応しているためなので
オフする際にダメージを与えない工夫と、ジェルネイルをしていない時間にケアをすることが
大事だということでもあります。

 

では具体的に爪にダメージを与えないオフの方法というのはどういったものなのでしょうか。
通常紹介されているジェルネイルのオフの仕方というのは、

 

ファイルでジェルネイルの表面に傷を入れて、
リムーバーに浸したコットンを爪に巻いて、その上からアルミ箔で包んで
時間をおいて、ふにゃふにゃになってきたらウッドスティックでけずっていくというものです。

 

 

 

サロンでネイルをネイリストさんにお願いするのは、
クオリティーも高く美しい出来栄えのジェルネイルができるので
満足度は高く、ネイリストさんとのコミュニケーションで楽しませてもらえたりとメリットもたくさんあります。

 

その一方で、ネイルサロンの予約がめんどくさい、自分の希望のデザインになっていなかったなど
自分にぴったりのサロンを探すのが大変ということもあげられます。
コスト、移動の時間、出来栄えとサロン選びには様々なポイントで見ていく必要があるのですが、
セルフネイルはそういったことを考えずに好きな時間に、好きなデザインやカラーリングを楽しめると
人気がうなぎ上りで話題になっていますよね。