ネイルオフの際に使うリムーバーの注意点

MENU

ジェルネイルはリムーバーで簡単に落とせます!やり方と注意点をご紹介♪

最近、流行になっているソフトジェルを使用したセルフジェルネイルキットは施術も手軽ですが、
ネイルオフも『ジェルリムーバー』を使って簡単にネイルオフをする事が出来ます。

 

これが、10年ほど前のジェルネイルは樹脂同士を練って作ったハードジェルを利用したものだったので、
少しづつ削りながら自爪を削ってしまわないように注意しながら落とさなければならなかったそうです。

 

技術の進歩というものなのかも知れませんが、ずいぶんと便利になったものですね。
しかもハードジェルと違って柔軟性も適度にあるので爪の補強にも最適という長所があります。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、現在のソフトジェルはネイルオフのやり方も簡単です。
爪と同じくらいのコットンを指の本数分用意してをリムーバーを染み込ませたものを爪の上に置きます。

ネイルオフの際に使うリムーバーの注意点

リムーバーを染み込ませたコットン爪の上に乗せた状態で第二関節くらいまでアルミホイルでくるんであげて10分ほど放置。

ネイルオフの際に使うリムーバーの注意点

その後、ジェルネイルがポロポロにひび割れた状態になったのを確認したらスティックなどでカリカリ落としてあげるだけです。

ネイルオフの際に使うリムーバーの注意点

ただし、こんなに簡単にオフできるソフトジェルネイルのリムーバーにもちょっとした注意点があります。
それはマニキュアの除光液に使われるアセトンという成分が主成分に使われているので、
オフの後にそのままにしてしまうと手肌の水分が根こそぎ持って行かれてしまうことです。

 

なので、ネイルオフにリムーバーを使う際には、必ず終わった後に手肌、特に指先を中心にしっかり保湿をしてあげる事が大切です。せっかく手軽に出来てつやと発色の良さを楽しめるセルフネイルも指先がガサガサになっていたりしたら魅力半減どころか意味がなくなってしまいますからね。

 

さらにネイルオフ時にいくら気を付けていても、ネイルケアしていないと爪というのは徐々に削れていったり、薄くなっていきます。
爪というものがタンパク質の一種であるケルセチンという成分で出来ているといっても、そのケアというのは毎日でなくても
やっておきたいものです。

 

ジェルネイルを楽しんでいるみなさんは、どのくらいネイルケアについて意識されているかというのも調べたので参考にしてみてください。

 

ネイルケアって必要?