ネイルキットを使って格安セルフネイル!

MENU

格安でネイルが楽しめるネイルキットの魅力

女の子なら、ネイルアートをしていると気分が上がりますよね。
爪の先まで気を使っていると、まわりの人からも女子力の高い人として一目置かれちゃうかもしれません。

 

さらに、季節や気分によってデザインを変えられるのもネイルアートのいいところです。
デザインによって季節を感じられたり気分をより盛り上げられます。

 

しかし、頻繁にネイルのデザインを変えるにはコストがかかり過ぎてしまうところが難点です。

 

ネイルサロンで思い通りのデザインをオーダーしたら、1回1万円は安い方。
月に1度はちょっとお財布的に厳しいという方が多いのではないでしょうか。

 

しかも爪の根元が伸びてきたらカビを防ぐためにもOFFをしなくてはいけませんが、OFFをするにもお金がかかります。

 

そこでおすすめしたいのが、セルフネイルキットを購入して自分でネイルアートをする方法です。
インターネット通販サイトを覗いてみると、意外にも多くのメーカーからさまざまなネイルキットが販売されています。

 

しかもネイルサロンに通うことを考えたら格安です。
初めての方はLEDランプとベースジェル、トップジェル(ベースとトップが同じジェルであることもあります)、
カラージェル数色、さらにアート用品(ラメやホログラムなど)、筆が入ったネイルキットがいいでしょう。
デザインの種類にも影響はあるのですが基本的には他には何も購入しなくてもすぐに凝ったアートが始められます。

 

最初のうちは練習が必要かもしれませんが、マニキュアを塗ったことがある方ならすぐにコツがつかめますよ。

 

簡単でかわいいアートの一例として、ラメグラデーションがあります。
やり方は、透明ジェル(トップコートジェル)に好きな色のラメを適量混ぜ、
根元は残して4分の1程度に塗ります。説明書に書いてある時間に合わせて
硬化させたら少しずらしてラメジェルを重ねます。

 

これを爪の先までバランスを見て繰り返すだけです。

 

最後にトップコートを全体に塗布して硬化すれば持ちもアップ。
簡単なのに凝って見えるネイルアートの完成です。
色を変えてみるだけで印象も変わるので、いろんなパターンが楽しめますよ。
グラデーションの他にも、慣れてきたらタイダイやマーブル、フレンチネイルなどにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

難しいことは面倒という方は、単色でもラインストーンをちりばめるだけで豪華な印象に早変わりです。

 

オリジナルのデザインを考えるだけでわくわくしちゃいますね。みなさんも、格安ネイルキットでおしゃれな手元をセルフプロデュースしてみませんか。

 

格安ネイルの注意点

ネイルサロンでプロのネイリストさんにジェルネイルをしてもらうのと比べると格安で楽しめるのが
ネイルキットを購入する魅力でもあるのですが、ネイルキット自体もお値段がピンからキリまであります。

 

この項目では格安のネイルキットの注意すべきポイントというのはどういったところにあるのかを見ていこうと思います。

 

格安のネイルキットというのは楽天やアマゾンなどの通販をはじめとして
様々なところで販売されています。

 

そのような格安のネイルキットでまず見てもらいたいのがLEDライトです!!

LEDライトに注意

ネイルキットを選ぶうえでも一番重視してもらいたいのがLEDライトでもあるのですが、
格安のネイルキットの場合、商品が自宅に届いた時点で壊れているとか、ライトが点灯しないといった
トラブルが実際にあるんです!

 

私たち日本に住んでいると当たり前のように思う商品の品質は海外では通用しなかったりもします。
また最初は使えたけれど、しばらく使っていたらジェルが硬化しなくなってきたとか
セルフネイルの人気の上昇に伴いこういった苦情なども多くなっているそうです。

 

 

ジェルのクオリティー

ジェルというのは、トップジェルやベースジェル、カラージェルとすべてのジェルにいえるのですが、
直接私たちの爪にのせてLEDライトで硬化させ、何週間もそのままの状態で過ごすことになります。

 

となるとネイルアレルギーに注意しなくてはなりません。
ネイル初心者さんはネイルアレルギーということ自体を知らない方が多いのですが、
ネイルサロンのネイリストさんならば、爪のアレルギーに対してすごく敏感になるんですよ。

 

少し考えるとわかるのですが、数週間という長い期間爪をジェルネイルで呼吸できない状態にするので
品質の悪いジェルを使うとどんな悪影響があるのかは誰もが想像できると思います。

 

しかし、格安のジェルを販売しているメーカーさんはそういった安全性を考えていなかったりするんです。