ジェルネイルで爪を傷めないポイント

MENU

ジェルネイルで爪を傷めないためのコツを紹介

ジェルネイルで爪を傷めないポイント

ジェルネイルというのは以前までのポリッシュ(マニキュア)と違って、手間も少なく、色の表現力もとても魅力的なのですが、
爪に定着する力が強く、その分はがれにくいため、初めに塗る時とオフ(はがすとき)の両方が大切になってきます。

 

通常のマニキュアポリッシュのネイルでも少なからずダメージを与えるので、
多くの方は爪の保護やケアを考えるものなのですが、
しっかりとポイントを守って施術していくことが大切になるんですね。

 

そこでこのページでは、ジェルネイルで爪を傷めないためのコツをジェルを塗るときから、最後のはがすとき、
そして爪を休める意味でのネイルケアのところまで一緒に見て行きながら、おすすめのネイルケアアイテムもご紹介して行きたいと思います♪
まずはジェルネイルをする時のコツから見て行きたいと思います。

ジェルネイルをする時の爪を傷めないコツ

ジェルネイルをはじめて行うという方にとって一番気になるのは、
サンディングで爪を削るのが薄くなってしまうんじゃ・・・というイメージではないでしょうか。

 

サンディングは、ジェルの定着を良くするために爪の表面をヤスリで
表面を軽くこすって傷つけてあげる程度で本当は「削らないもの」なのですが
どうしても「爪を削るというイメージが強い」のがサンディングなんですね。

ネイルはサンディングなしでもはがれない?

サンディングはできる限りやりたくないのに、それでもネイルをやるとなると絶対に必要と思っていませんか?
本当はそんなことはないんですよ♪
サンディングをせずにネイルがはがれないようにするには二つの方法があります。
その方法を一緒に見てみましょう♪

サンディングなしでもネイルがはがれない方法

サンディングなしでもネイルがはがれない方法は、先ほどももお伝えした通り2つあります。
その2つの方法は・・・

  • 爪の表面の皮脂をエタノールでしっかり拭き取る
  • サンディング不要ジェルを使う

この2つになります。
ジェルネイルがはがれてしまう一番の原因は、爪の表面に残っている皮脂の油分がジェルの定着力を弱めてしまうからなんです。
なので、爪の表面に残っている皮脂を拭き取ってあげることで、ジェルの定着力を上げれば、ジェルがはがれてくることはないということなんです。

 

また、もうひとつの方法が「サンディング不要」のジェルネイルキットのジェルを使うということです。
代表的なサンディング不要ジェルのジェリーネイルが人気になるというのもうなずけますね。

ジェルネイルはオフするときも重要

ジェルネイルはマニキュアよりももちがいいのですが、特にオフする(ジェルを取る)ときに、無理にとってしまうと
ダメージを与えます。

 

また、ジェルをなめらかな爪に塗ったほうがきれいに塗れるし、もちもいいのでと、爪の表面を削りすぎても
ジェルを硬化させる際にLEDライトの照射熱で熱く感じ、結果としてネイルを楽しむことができないといった状況にまでなってしまう可能性があります。
※ただし、通常なにもしていなくても熱を感じる場合はジェルの量や爪の状態のトータルで判断します。

 

では、そういった状況にならないためにはどういったところに気を付けて、そしてどういったことをすればいいのでしょうか。

ジェルネイルで爪を傷つけない為には

ベースは特に爪に直接塗るジェルなので、しっかりと検査のされたジェルを使わないと
爪のトラブルである二枚爪や割れ、欠けといったものの原因である『爪のもろさ』につながってしまいます。

 

海外のもので一部、日本の審査を受けていないジェルが国内でも流通しているので、
それでトラブルになっていることもよく聞く話です。

 

楽天などでは格安のジェルが販売されているのですが、ほとんどが中国産や台湾産のものです。
それらすべてではないのですが、少し怖く思っているのは私だけではないでしょう。

 

ネイルをしていない期間は、ネイルケアなどで爪のケアをしてあげよう!

 

ネイルケアは様々な商品が発売されています。
中でも、わたしのおすすめは『ツメリッチリペア』という爪の補強もできる爪専用の美容液です。

 

爪の美容液というとドクターネイルのディープセラムが有名ですよね。(わたしも使ってました)
でも、ドクターネイルは、保湿成分だけで爪にダメージがあって、薄くなっていたり、でこぼこになっていたりすると
その治りは『爪自体が持っている自然の新陳代謝まかせ』でしかなかったんです。

 

ツメリッチリペアは、保湿成分だけではなくて、爪の原料になっている
ケラチンっていう成分がエキスになって配合されているので爪のダメージ修復もできるんですよ!

 

なので、塗るだけで爪がツヤツヤになって行くのは当然ですけど、ペラペラ爪やデコボコ爪も治す効果が期待できますよ。

 

実際に使っているわたしも最初は半信半疑でしたけど、
友達から紹介されて使い始めたら爪のツヤと丈夫になって行く効果の素早さにびっくりしました!

 

今では、前まで使っていたドクターネイルから、ツメリッチリペアに乗り替えてます。

なぜ、わたしがこれをおすすめするかというと、ジェルネイルを続けて何回も連続でやって行くうちに
爪の表面をヤスリでならして行くので、少しずつですけど薄くなって行くんですよ。

 

なので、ジェルネイルを続けて行くうえで、保湿だけのケアじゃなくて、補修ができるケアっていうのが必要だなって思っているからです。

 

さらにいくらつるつるの状態の爪がいいからと爪の削りすぎには気を付けてくださいね。
爪が薄くなってくると、ジェルネイルの場合、ジェルを硬化させるときにLEDライトに照射するのですが、その際にジェルが硬化する際に
発する熱が感じやすくなり、ジェルネイルができないよって状態にまでなってしまうとせっかくのたのしいおしゃれができなくなってしまう可能性まで出てきます。

 

爪の状態はジェルネイルのツヤ感やもちにも影響を与えるのでしっかりとダメージを与えないように
ジェルの魅力を最大限に感じれるように楽しんでいきたいところです。

 

ネイルケアについても正しいケアも重要ですよ。

 

爪の痛み具合の目安

爪のダメージとは言っても、どれぐらいいたんだ状態がネイルをお休みした方が良いレベルなのか、その見分け方はどうしたら良いのか?

 

という部分も、爪をいたわるときには必要な知識になってきます。

 

まず爪のダメージを判断する際は、ご自身の素爪をチェックしてみましょう。
まずは表面の艶感です。
これは髪の毛やお肌と同じで、爪に艶がない状態であれば爪が不健康になっている証拠です。あと爪がもろくなっていないかどうかも重要です。
爪が割れていたり、変なところに切れ目が入っていないかを確認します。

 

もしそういった項目が該当していて爪が痛くなっていたら、菌の感染があるかもしれません。
もし爪の状態が緑色に変化していたら緑膿菌という菌が入り込んでしまっている証拠です。そのままにしておくとどんどん繁殖してしまう危険もあるため注意が必要です。

 

今お話ししたような症状が見られる場合は、いちどネイルをストップしたほうがよさそうです。

 

生活の中で出来る爪を痛めつけない為のポイント

ページの前半で紹介したような爪を痛めつけないようなポイントも大切ですが、
それ以外にも日常生活の中で爪をいたわるために気をつけることができるポイントが2つあります。

 

この2つのポイントを見直すだけできれいな爪を維持できるようになりますよ♪

爪を切るタイミング

爪を切るタイミングもとても重要です。
理想的なタイミングは、お風呂上がりなど爪が水分を含んで柔らかくなっている状態の時です。

 

あと、爪が欠けていたり二重に重なっているときは爪切りではなくヤスリを使って地道に短くしていくのも大切です。

生活の中で使う洗剤も見直そう!

とてもざっくりですが、大まかに言うと安い洗剤は爪を痛めると言われています。

 

ここまでしなければいけないというわけではありませんが、爪のケアにこだわりたいという方は、天然系のお肌や環境に優しい洗剤に帰るのがベストだと言われています。

 

また手袋を使って洗い物などをするのも効果的な手段です。